お金を増やす

【OLの時間の使い方】時間を上手に使う方法♡

今日は読者さんから「なんでそんなにたくさん頻繁に更新できるんですか?」
「なんでポイ活ずっと続けられるんですか?」
と質問をいただきましたので

OLの時間の使い方と題して、時間を上手に使う方法を書いていこうと思います。

もちろん私も「今日は何もしたくない」、「疲れたからもう無理~」なんて日もあります。笑
それでも行動するコツを今日はシェアしていきたいと思います。

①毎日やることを習慣にする

私はポイ活アメブロを2年間弱続けています。そこでコンテンツ作成やポイ活を継続するポイントとして
気づいたことは「毎日やることを自分の中の当たり前にすること」です。

やる日とやらない日を作ってしまうと、「やる日」にめちゃめちゃエネルギーを注いで自分を奮い立たせないとできないんですよ。(笑)
「よし!!今日はブログ書くぞ~~」って重い腰を上げてよっこらしょ、ってイメージ。笑

でも人間は不思議なことに、毎日の習慣になればさほど苦になりません。
むしろ習慣だから、やらないと「あれ?なんか今日おかしいな」と感覚が変わってきます。

さらにいうとオススメなのは「やる時間帯を決める」ことです。

例えば「出勤前の1時間はブログの時間にしよう」
「21時からはポイ活をやる」という感じですね。

学校の時間割のように「何時から○○をやる」と決めておけば、毎日の積み上げが苦になりません♡

・毎日やることを当たり前にする
・やる時間帯を決める

②無駄な時間をなくす&見直す

1日の時間の使い方を振り返ってみると意外と、無駄な時間があることに気づきます。
例えば

・ぼーっとしながらテレビを見る時間
・なんとなくSNSをチェックする時間
・スマホゲームをする時間

もちろんこれらが将来的にあなたのコンテンツとなり資産となるのであれば問題ないと思います。
(ゲーム系YOUTUBERで動画投稿のためゲームしている、とか)

でもただ何となく過ごしている、のであればその時間の使い方を見直してみましょう♡

この表を見てみて下さい。

 

これは時間管理のマトリックスと言われるもので
アメリカのスティーブンコヴィーというアメリカの作家が提唱している行動計画を立てるときに活躍するモデルです。
私はこの表を社会人1年目の時に、先輩から教えてもらました。

会社員として仕事をしている時も、この表を意識して仕事に取り組んでいます。
仕事でもプライベートでもこの表を意識することで、時間の使い方が格段に変わります。

ココでいう緊急とは、「今すぐにやらなければならないこと」を指し、
「重要」とは「あなたにとって大切なこと」を指します。

第1領域:緊急性が高く、重要なこと
第2領域;緊急性は低いが、重要なこと
第3領域:緊急性は高いが、重要ではない
第4領域;緊急性も低く、重要ではない
と分けられます。

この4つの領域の中で1番大切とされているのは、何だかわかりますか?

 

実は第2領域(緊急性は低いが、重要なこと)なんです。

本来第2領域に費やす時間を増やしたいけれど、増えない原因の第1位は
第4領域に費やす時間が多いことです。

すべて減らすとストレスになってしまいますが、第4領域を可能な範囲で減らす努力が必要です。

もしくは第2領域と第4領域を同時にやること。
後者を私はオススメします。

どういうことかというと
「ブログを書きながら、好きな音楽を聴いて癒される」
という感じで並行してやること。

私はYOUTUBEで好きな音楽をBGMとして流しながら、ポイ活やブログコンテンツを作るのが毎日の日課です。

時間はみんな24時間365日平等。時間は限られています。だからこそ、無駄な時間を見直す必要がありますね。

無駄な時間を極力へらす!もしくは作業しながらストレス解消で効率的に!

③体調が悪い日は無理をしない

体調が悪い日や風邪を引いたときは、しっかり休みます。
コンディションが悪い時に、いくら頑張っても本来の力が出せません。

体調が悪いということは、身体が「今は休んで」とサインを送っている証拠。
無理をせずしっかり寝て、しっかり食べましょう。

私もエネルギーが足りないと感じた時は、会社を早退して何もせず家でゆっくりと過ごしたり
美味しいランチを食べに行って、(身体的にも精神的にも)栄養補給をします。

これだけでエネルギーがチャージされて、翌日には何事もなかったかのように元気になるパターンが多いです。笑

休みたいとき、疲れているときには無理しない!

時間を上手に使う方法まとめ

1日24時間、365日与えられた時間はみんな平等です。
その中でどういう行動を起こすのか?は自分次第。

もちろん無理は禁物ですが、自分の中での「当たり前」のハードルを少しずつ上げていって、毎日の行動を積みかねていけば、

1年後、3年後、5年後のあなたの未来が、現状では考えられないほど素晴らしいものになっているかもしれません。