このページを読んでいる皆さんは親や周りの人から、こう言われていませんでしたか?

「お金は汗水垂らして働いて得るもの」、「儲けることは卑しい」

特にサラリーマン家庭で育つと、こういう考え方が知らず知らずのうちに刷り込まれていると思います。

今回は今までのあなたの常識を覆すような「お金は労働の対価って本当?儲けることは悪なのか?」についてお話していきます。

 

お金は労働の対価なのか?

4つの働き方を知る

まずはこの図を見てください。

世の中の働き方は4つに分かれます。上の図はキャッシュフロークワドラントと言います。

アメリカの投資家・実業家であるロバート・トオル・キヨサキが著した有名な本「金持ち父さん貧乏父さん」にも出てくる図です。

図の左半分、EとSは時間を使った働き方を指します。

Eは、会社や組織で働く人(正社員(会社員・公務員)、アルバイトやパートタイム)、

Sは、自営業・現場で店長として働く人(個人経営のレストランや美容室)です。

日本人の9割近くはEの働き方です。ココの働き方に当てはまる人は労働すればするほどお金はもらえます。

逆に労働しなければ時間は増えますが、お金はもらえません。

一方、BとIの働き方は働く時間に左右されない働き方を指します。

Bは、オーナーとして働く人(不動産経営のオーナーやフランチャイズ経営をするコンビニのオーナーなど、従業員や仕組みに働いてもらう人)、

Iは、投資家(株式投資やFXなどお金に働いてもらう人)

こちらの働き方は「仕組みに働いてもらう」ことでお金を得ています。

そのため自分が労働をしていなくても仕組みが働けば、お金がもらえます。

つまり時間もお金も余裕がある「本当のお金持ち」になりたい場合は、図のBやIの側の働き方になれるよう、行動をするべきということです。

お金は労働の対価ではない

つまり、お金は労働していなくても得られる。

誰かにとって価値のある商品やサービスを生み出せば、その中で生まれるということです。

お客さんは自分にとった価値を感じた商品に対して、お金を払ってくれます。これがビジネスの基本です。

ここまで読んでくださったかたの中にはこう思う方もいるでしょう。

「凡人で何のスキルもない私がビジネスオーナー?」

「そんなの無理!」

「ビジネスなんて勉強したことありません!」

普通のOLでもビジネスオーナーになれる

でも大丈夫です。ひと昔前はビジネスを展開するためには自分の店舗を構え、初期費用を支払い、在庫を抱えなければ事業のスタートを切ることができませんでした。

しかし、現代はインターネットを通して、OLをしながらでも副業としてビジネスオーナーになれるチャンスがあります。つまり仕事をしながらでも、主婦で家にいながらでも、簡単に誰もがビジネスをスタートできる時代だということです。

インターネットが発達した現代だからこそ、普通のOLでもビジネスオーナーになれるチャンスがあるということです。

儲けることは悪なのか?

儲ける=信じる者をつくること

儲けるという漢字は読んで字の如く、「信じる者を作る」と書きます。

あなたが誰かにとって価値ある商品やサービスを提供し、お金をもらうことは、その誰かを幸せにしている証拠とも言えますね。

例えば、毎月支払う水道料金。生活している限り毎月請求がきて「支払うのは面倒だな」と思う時もあるかもしれません。しかし、水道が供給されていることで「毎日お風呂が入れる幸せ」や「外から帰った後に手を洗える幸せ」と交換ができているのです。

普段の生活では、蛇口をひねれば当たり前のように水が出てくるので、なかなか気づきにくいですが、私たちは「当たり前の幸せ」を得るために、お金を支払っていますね。

 

エネルギーの循環はお金の循環です。

マーケティングの基礎は「儲け続ける仕組みを作ること」

マーケティングにおいて大切なことは売上を伸ばしたり、集客できたりするための仕組みづくりです。

ポイントは儲け「続ける」という点です。

1か月100万円を儲けたとしても、その後の収入が何もなければいずれ生活は苦しくなります。

ですので、常に儲け続けていけるためには「仕組み」を構築することが必須です。

そして大事なことは自分だけではなく、お客さんに対しても価値を与え続けられなければならないということです。

お客さんの目線に立って考えてみてください。自分にとってメリットがなければ、商品やサービスを利用したくなくなりますよね。メリットを与え続ける姿勢がなければ、お客さんはあっという間に離れていきます。

自分とお客さん、両者にとってメリットがあるwin-winの関係が永続しなければビジネスの存続は厳しいです。

ですので、お客さんが何を求めているのかを察知し、お客さんが大切にしているモノや価値観を、自分も理解することがとても大切なんです。

まとめ

・世の中は4つの働き方でできている。本当のお金持ちは「仕組みに働いてもらう働き方」をする。

・スキルや技術が少ないOLはネット上でビジネスオーナーとなる働き方がおすすめ。

・儲けることは信じる者を作ること

・マーケティングの基礎は儲け「続ける」仕組みの構築

いかがでしたでしょうか?今までの価値観とは真逆の話がたくさん出てきて驚いたかもしれません。

ただ、これからの時代はAIや人工知能が発展し、ますます「労働の対価としてお金を貰う」という方法は継続がが難しくなっていきます。

今後は「お金や仕組みに働いてもらう働き方」がますます大切になってくると思います!

「どうしたらOLでもビジネスオーナーができるの?」という具体的方法が気になる方も多いと思いますが

こちらはメール講座にてお話しておりますので、ぜひご登録くださいね。